高齢者の「嚥下障害」サイン

作者: on 2021年4月2日

毎日の高齢者の健康管理は、見守りをされていらっしゃるご家族の大きな負担ともなってくるとは思われます。高齢のご家族の健康の管理を行う上では、正しい身体機能の知識を持つことが何よりも大切であります。

加齢とともに認知機能や身体的な機能が衰え始めていきますと、健康をキープする上での身体からのサイン本見逃しがちになっえしまいますが、身体の様々な機能の中でも食事をするためのお口の機能の低下は、高齢者の死亡原因の上位を占める「誤嚥性肺炎」を引き起こしやすくなるなどと言われております。

「誤嚥性肺炎」は、お食事の際の食べ物を飲み込む働きを表す「嚥下」の機能の低下が著しくなることが、関係深く考えられているようです。たとえば「急に食事を拒否するようになった」また、「食事の時間が長くなり始めた」「食事中に咳き込むことが増える」「水分を摂取した時などにむせることが多くなった」「食べ残しが増え始めた」など「嚥下障害」を見つけるサインは、お食事中や日々の日常的な生活の中に数多く見つけられることができます。

「嚥下障害」の疑いが1つでも見つかるのであれば、歯科などの専門機関で詳しくご相談されることおすすめいたします。高齢者の多くに見られる「嚥下障害」は十分な栄養補給ができなくなることから、様々な新身体的な機能の不調へとつながる原因にもなりかねないのです。

かかりつけ医を決める理由のトップへ